ログイン
2月のカレンダー
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
最新公開日記
各月の日記
全体新着RSS
Powered by
新着日記一覧  2010年2月
02月14日
16:41
×


今日携帯止まるかも><

早くなおりたいなぁ(´・ω・)
02月12日
15:49



.
02月11日
13:20

出勤してトイレで鏡を見たら見事なキスマークが私の頬に!
そして、どーみても自分のくちびるの色と同じ…。
確かに超満員電車だったけどっ、前の人のコートの背中にキスしちゃったけどっ、その後大揺れでその背中にぶつかったけどっ!
…これって間接MYキス返し!?



、、、、ほう、そうですか、。...
02月11日
09:10

イギリス◆駐車場に戦車を置いて行った人、見つからず

画像 http://p2.ms/5h6y3

あるパブの駐車場に「車を停めさせて。」と言って戦車を駐車して行った男性が戻ってこず、戦車がそのままになっているそうです。

事件が起きたのは昨年の12月。

パブのオーナーは、すぐに取りにくるだろうと思い気軽にOKしたのだそう。

ところが2ヶ月近く経った今も男性は戦車を取りに現れていないそうです。

オーナーは「駐車場にあんな...
02月11日
03:50

タイ◆ドラえもんの葬儀が行われる

画像 http://p2.ms/xv09y

タイのアユタヤ県で、ある女性がドラえもんの縫いぐるみの葬儀を行ったそうです。

この話題はタイで広く報道された模様。

フラープレン・ネムカランさんは、ドラえもんの縫いぐるみを我が子のようにかわいがっていて、『ジギアイ・ネクホン』と名づけていたそう。

近くの幼稚園にドラえもんを園児として登録、毎日タクシーで送り迎えしていたそうです。

ジギア...
02月09日
18:26

「星を眺めて」

ある大学に通う男子学生には、最近気になってしょうがないことがあった。

深夜アルバイトから帰る道にあるアパートの窓から、星を眺めている少女がいるのだ。

その少女は飽きることもなく、夜空に輝く星々を眺めていた。

最初はそれほど気に留めていなかった彼も、そんな日が何度も続き、自分の心の中でどんどん少女の存在が大きくなっていくのを感じていた。

そしてある日、自分の中の思いに耐え切れなく...
02月09日
18:07

つい笑

先日、真夜中に退社して暗い夜道を歩いていると、前方に浮き上がる白い女性の顔が!!
思わず足がすくんだが、よく見るとそれは黒い服を着た化粧の濃い女性の顔に、携帯のバックライトが反射しているだけだった。
みなさん、夜道での携帯の使用は周囲の人を驚かすことがありますので、気を付けましょう。



、、、、私からも、よろしくお願いします。
、、、(*^▽^*)/、、、、...
02月09日
17:12

よきことば


【お金持ちにしてあげるとは誓わない。けれども面白い人生になることは約束するよ】



出典

婚前、ミシェル夫人(当時は恋人)に誓ったことば


発言者

バラク・フセイン・オバマ・Jr.


(´σ3`)
金持ちになる
それと同等として、オバマさんがプロポーズに持ち出した言葉は

【面白い人生になる】


どうしても勝ちたい勝負は、自信のある場所・モノで挑まなきゃ

顔!?肉体!?知性!?性格!?情熱!?計算!?ずる賢さ!?逃...
02月07日
14:06

【女子高生3人の会話♪】

※(生徒手帳をジックリ読んでました)

「ほら〜、やっぱり、制服のトコ、生地の素材については、何も書いてないよ〜」
「って事は、アタシたちの制服OKなんだよね?」
「理屈ではね」
「でも、ダメなんでしょ?」
「先生もそこまで考えてなかったんだろね〜。まさか、ジャージで、本物の制服そっくりのを自力で作るなんてさ〜」
「だね〜」
「ちょっと洋裁出来るお母さんなら、作れるでしょ?」
「...
02月04日
19:47

「無題」

 某サイトよりコピペ(既出の予感だけど)
・1910年カナダ、胃の中のトカゲの謎

1910年に死亡したロヴィ・ハーマンという女性のケースはその後10年以上に渡り、医師たちの間に議論を呼んだ。

当時、彼女を診察した多くの内科医は皆困惑した。

彼女の症状は診察の度に激しく変化し、彼女がその短い波乱の生涯を終えるまで、彼らはとうとう適切な処方を与えることは出来なかったのだ。

当時20歳のハーマンは謎...
02月02日
18:26

「昭和のバス」

 あれは、俺がまだ高校生だったときの話だ
 
その日、部活で遅くなった俺は同じく委員会で遅くなった幼なじみの女友達と共に通学路を歩いていた

「帰ったら親父に怒られるだろうな…」

「うん… でも、事情を話せばきっと分かってくれるよ」

そんな事を話して途中で分かれて少し歩いた時、俺の目の前にバス停の標識が目に入った

そうだ…ここから俺の家の方へバスが走っているんだった

いつもは目も...
02月01日
14:02
tes
02月01日
11:34

<a href="http://m.gjm.to/request/0/ElW91Cgt0Tg/?via=af2094&gui..." utn>時間のない人たちのガンダム(1) GUNDAM<br>
<img src="http://i.ytimg.com/vi/ElW91Cgt0Tg/2.jpg" alt="時間のない人たちのガンダム(1) GUNDAM"></a>
02月01日
08:28

つい笑い。

通勤の途中、たばこ屋に寄った。
鳥かごにオウムが入っていた。
目が合うと突然「おはよ〜」。
おぉ!しゃべりよる…と思っているとまた「おはよ〜」。
なんや、これだけか…と思っていると「おっさん、おはよ〜」。
まじムカついた。(*`o´) (36のおっさん)



、、、……まぁ、ゆるしてくださいな?...