ログイン
4月のカレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最近の日記
全体の新着
各月の日記
ユーザーRSS
Powered by
YouMaySayImaDreamerButImnotTheOnlyOneさんの公開日記
01月14日
23:37

都市伝説より
「となりのト○ロの真実」

 映画『となりのト○ロ』の話で、作品の途中から、サツキちゃんとメイちゃんの「影」がなくなっている。

さつきとメイは途中で本当は死んでしまい、それを父親が想像で生きていたらこうなっていて欲しかったと書いたのがとなりのト○ロであり、作中でずっと書いていたのはその原稿だという説。

まず、ト○ロというのは死神、冥界への使者であり、ト○ロに会った人は死が近い、もしくは既に死んでいるという裏設定。

そして母親の入院していた七国山病院のモデルとなった八国山病院という実際にあった病院は末期患者や精神疾患患者を収容する場所であったという話。

------


 メイが行方不明になって池でサンダルが見つかる騒ぎが途中でありますが、あの時既にメイは池で水死しており、真新しいメイのサンダルを見たさつきが現実を認めたくない気持ちから「メイのじゃない・・・」とひきつった表情で嘘をついてしまいます。

そしてさつきはメイを探すため、メイがト○ロに会ったという場所に行き、

「お願い・・・ト○ロに会わせて!!」

「ト○ロ、メイが迷子になっちゃったの。

探したけど見つからないの。

お願い、メイを探して!今頃・・・きっとどこかで泣いてるわ・・・

どうしたらいいか分からないの!」

「みんなには見えないんだ・・・」

というセリフから分かるように、さつきは自ら冥界への扉を開け、魂を運ぶ乗り物である、猫バスに乗ってメイの元へ向かったのです。

------


 さらに病院のシーンでは母親が

「今、あの木のところで、さつきとメイが笑ったような気がした」

と言う。なぜ母親だけに二人の姿が見えた気がして、尚且つ二人は近くまできているのにも関わらず、実際には両親に会わずにメッセージ付きのトウモロコシを置いていったのでしょうか?それは二人が既に死んでいるからです。

・メイが行方不明になった後から、メイの影がなくなっている。

・最後のシーンでは全員が若返っており、実はあれは後の話ではなく、生前の昔のシーンをくっつけハッピーエンド風に仕立てただけ。

・物語の舞台は埼玉の所沢。この所沢で昭和60年代に姉妹が残虐された狭山事件をモデルにしている。

サツキ=五月(皐月かな?)
メイ=May=五月
狭山事件発生日が5月1日

------


まず妹が居なくなり、姉が必死に探している姿が目撃されている。
妹は翌日森の中で全身を16分割くらいのむごい殺され方をしていた。

そばで放心していた姉はひどいショックを受け、事情聴取に対しても「猫のお化け」「大きな狸に会った」等々、意味不明な証言ばかりしていたという話。
母親は既に病死しており、片親だったなど共通点が多いのである…。

<了>
------
公開日記トップへ