ログイン
1月のカレンダー
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最近の日記
全体の新着
各月の日記
ユーザーRSS
Powered by
YouMaySayImaDreamerButImnotTheOnlyOneさんの公開日記
11月24日
07:08



中国■心臓病の孫を生き埋めにしてもらうよう頼んだ老夫婦

画像 http://p2.ms/4o68s

生まれつき重い心臓病と肺炎を患っていた男の子を孫を、おじいさん夫婦が生き埋めにしてもらうように頼んでいたそうです。

男の子赤ちゃんは生後1ヵ月、医者から治療が困難な心臓病かつ、肺炎にかかっていると告げられました。

孫の将来に胸を痛めた老夫婦は、村で死者を埋葬する役目の男に100元(約1300円)で埋めてやってくれと頼んだそうです。

村人の男には、「もう死んでいるから。」と言って布にくるんだ孫を渡しました。

男は竹林に行き、最後に顔を見ようと布から赤ちゃんを出すと、まだ息をしているのに気がつきました。

あわてて老人の家に行くと、扉を閉めたまま「治療も出来ないし、お願いだ

中国◆エサもらえず怒ったサル、登山客を崖から突き落とす

1月28日、四川省に住む54歳の男性が親戚と観光地の西嶺雪山を訪れた時のこと。

狭く急な階段の登山道を登っていたところ、突然10数匹のサルの群れが出現しエサをねだる仕草をしたそうです。

男性は手に食べ物が入った袋を持っており、これを狙って1頭の大きなサルが突進してきたそう。

取られまいと身体をかわしたところ、怒ったサルは男性の背後に回り、両手で彼を崖下に突き落としたそうです。

一部始終を目撃した親戚や他の登山客は驚きのあまり茫然自失。

しばらくして我に返った男性の妻が助けを求めたそうです。

男性は8m下に転落、岩で顔面を切り出血がひどかったのですが、群生している竹がクッションになりその他の怪我はなかったそう。

目撃者によると「サルが立ち上がり両手で突き落とす姿は、人間そっくりだった。」とのことです。

…もはや“引っ掻く”“噛み付く”といったレベルではないのです。



◆樹木と空のステンドグラス

画像 http://p2.ms/pz32q

カメラの位置は固定して、時間を変えて撮影しているのかとも思ったんですけど違う場所も混ざっているようです。でもきれいですね。



◆白熊の親子

画像 http://p2.ms/qruki



▽米
ルイジアナ州の刑務所から他の服役囚2人とともに脱獄した男(32)が、脱獄してから2日後に、自首した。
寒さと飢えに耐えかねたという。
男は保安官に「オレに手錠をかけてください」と懇願。
そして「寒くて、空腹で、びしょぬれです。もう自首したい」と泣き言をこぼしたという。
残る2人は今も逃亡中。



※(後輩OLは、昨年末に異動してきたばかりのようです)

「先輩……先輩だから、正直に言いますけど……。課長の頭って、変じゃないですか?」
「(一瞬の沈黙)やっぱり、分かっちゃった?」
「分かりますよ〜。言ってる事、変ですもん。メチャクチャですよ〜」
「え……? 何の事……?」
「だから、課長って、みんなの前で言った事、平気で『そんな事言ってない!』とか否定するじゃないですか? ヒドイですよ」
「(自分で軽く納得して)ああ〜……そうだね〜。でも、みんな分かってるから、大丈夫」
「あーゆー変な考え方の人は、管理職になるべきじゃないですよ」


▽英
通行人の行き交う路上で、繰り返し性行為を演じて見せた26歳の女が告発された。
女は、繁華街にあるパブの外の路上で、彼氏との性行為を、通行人に演じてみせた。
女は、16歳の頃から数々の罪を犯し、法廷に立ったのはこれで34回目。
女は、ヘロインを捌いた罪で12ヶ月の禁固を言いわたされ執行猶予中だった。



アメリカ■1300人以上が自殺している橋

画像 http://p2.ms/w323g

2008年、サンフランシスコのゴールデンゲートブリッジから34人が飛び降り自殺をしたそうです。

ゴールデンゲートブジッリは全長2737m、サンフランシスコの有名な観光名所です。

そして世界有数の自殺の名所でもあり、2007年は35人が飛び降り自殺したそう。

1937年に橋が一般開放されて以来、自殺者数はすでに1300人を超えているそうです。

橋の管理部門によると、自殺防止の取り組みは積極的に行っており、橋の上にカウンセリング用の電話を設けたり、パトロールを強化しているそう。

昨年は60人の自殺を思いとどまらせることができたそうです。

自殺が多発する要因として、橋の歩道の柵が低く、人が簡単に乗り越えられるからだと見られています。

柵を新たに作る予定があるそうです。

…観光名所なだけに、飛び降りる人が観光客のビデオカメラに写っていたことがあったかと。

景観を損ねるので防護柵の設置には反対意見があるそうです。



ネパール■168個の頭蓋骨入り鞄が回収される

168個の人間の頭蓋骨が入った鞄が警察に回収されたそうです。

頭蓋骨は13日、インド国境近くの町カカルビッタで置き去りになっていたのが見つかったそう。

彫られて模様入りだったそうです。

頭蓋骨が集められた動機などは不明。

警察によると、頭蓋骨は“装飾的な珍しい物”として高額で取引されることもあるそうです。

…魔術などではなく置物感覚なんですかね。。




イギリス◆川で撮影された円形の氷

画像 http://p2.ms/2r3t8

7日、デボンのオッター川で、付近を散歩していた男性が円形の氷を見つけたそうです。

この円形の氷は大きさは直径約3m、流れたりすることなく、その場でゆっくりと回転していたそう。

因みに、この日はとても寒く気温は零下、先週の天気も非常に寒い日が続いていたとのこと。

男性はこのような氷はイギリスで聞いたことがなく、とても珍しいと思うそうです。

家に帰って円形の氷について調べてみると、スウェーデンの川でも直径1m〜200mまで同じようなものが確認されていたそう。

ゆっくりと渦を巻くように流れる川の流れによって、円形の氷が作られると考えられているそうです。

…前に紹介したロシアの円形の氷も作られかたは同じなんでしょうね。



中国◆12年間、笑うのが止まらない少女

重慶の12歳の少女が、ずっと笑うことが止まらずにいるそうで、両親が治療を望んでいるそうです。

少女は生後8ヵ月の時に熱が出て、その時からこの症状が始まったそう。

2歳になるとこの症状は更に悪化し、話すことも出来なくなり、ただ笑うしかできないような状態になってしまったそうです。

父親は娘の治療のために全財産を費やし、更に借金までしたそう。

「娘が笑っているのを見ると、泣いているのを見るよりも悲しくなります。」と話しています。

治療に関しては重慶医科大学の神経科医が、原因を特定するために少女の脳をスキャンすることを提案しているとのこと。


中国■宿題を忘れた男児、ほっぺたを引き千切られる

画像 http://p2.ms/c7w41

12月18日、小学校に登校した5年生のチャオ・クン・ジェン君(10)は、宿題をやってこなかったので担任の女性教師に怒られてしまいました。

ジェン君によると、「その時、先生はとても怒ったんだ。」そうです。

女性教師はジェン君のほっぺたを両手で掴んでねじると、床から持ち上げたのだそう。

そしてジェン君の右頬の皮膚が、彼の体の重みで千切れるまで床に降ろさなかったそうです。

ジェン君の右頬は出血していたそう。

その後、女性教師はジェン君の千切れた皮膚を拾い上げると彼の頬にくっつけ、直ぐに家に帰るよう指示したそうです。

怪我をしたジェン君を見た両親がすぐに病院へ連れて行き、頬の皮膚を接合する手術をしたそう。

52針も縫ったそうで、顔の傷は一生、残ってしまうようです。

ジェン君の父親はこの件を警察に通報、損害賠償を請求するつもりとのこと。

…インドでは、質問に答えられなかった小学2年生の女児の右目に、教師がピンを刺した事件があったそう。

女児は右目を失明、教師は現在も逃走中。(8日、警察発表)



■カタツムリ・キャビア

画像 http://p2.ms/7sevb

エスカルゴはフランス料理で使われる食材ですが、そのカタツムリの卵も食材として販売されることになったそうです。

なんでも世界初だそうで、カタツムリの養殖家が4年の歳月をかけて販売できるまでに完成させたそう。

見た目はクリーム色で滑らかな真珠のよう、ほのかな秋の樹木の風味がするとか。

お値段は50gで約1万円とのこと。

**************

「絶対これやらないと」

だけどちょっと気の進まない
そんな仕事はやりたくないもの。

学生さんだと
テストとか論文だとか
そういうものにあたるかも。

今日も私、
ずーーっと遠回りして
やっと片付けることができました。

やり始めると早いんです。

始めた時点で
もう、90パーセントはできたも同然。
そんな気がします。

不思議なものですね。

とりかかるまでに
どうしてこんなに苦しむんでしょう?

たぶんきっと
「できればやらずに済ませたい」

そんな気持ちがどこかにあるから。

「逃げるなんてズルイ」
そういう考えを持ちながら
でも実は

そんな弱さを自分自身の中に
持っているんですね。

「そうか、私も弱かったんだ」

強くなりたくて
がんばってきて
けっこう強くなれた気でいたけれど

確実に存在する弱さ。

だけど弱さを否定するんじゃなくて
「弱さがあるんだなぁ」って確認しながら

弱さが自分の中にいることを
許してあげながら生きて行こうと思う。


でも、朝なかなか布団から出られない「弱さ」は
がんばって克服していきたいな。


よし!
今日もまたがんばったぞ☆



09年1月14日(木)

押忍!

稽古215日目

この日は寒稽古2日目ですが初日はウチの奥さんが具合悪くなりお休みしました。

稽古は館長不在の為S崎さんが指揮を取りました。

久しぶりの平安五段と慈恩そして観空大、一つ一つの技を確かめながらやりました。

組手は打ち込み中心でした。

まさに理想的な稽古でした。

毎回こういう稽古だったらわざわざ出稽古などしなくてもいいのですが…。

そう思うのは絶対私だけではないはず。


残り2日の寒稽古は仕事が遅番で参加できません。

今年の寒稽古は一日だけの参加となってしまったなぁ…(^_^;)


 ところでこの機材に纏わる奇妙な話がある。

公団等で良く見る3色程度の発光ダイオード式の警備員が旗を振ってる実写映像を映す電光看板。

実はコレ、95年に実在の交通誘導警備員をキャプチャーし作成されたもの。

しかしモデルとなった警備員は、某県で交通誘導中にミキサー車に轢かれ他界した。

この人の遺影が、全国の工事現場で旗を振り続けるのかと思うと不気味な話である。

皆さんもこの「電光警備員」を町で見かけたら黙祷してあげてほしい。


<了>
-

普段のお店はいたって平和。
お客様も温和な人ばかり。

だけど、ほんの一握りのクレーマーがいるのです・・・

その名はTさん。

何事もなく対応すれば大丈夫なんですが
ちょっとでもそそうをすると大豹変!

怒りが止まらなくなるんです。

いつぞやは私のミスでTさんを怒らせた時、
たまたまTELを受けたIさんが長時間説教をされ、
その後、社員のHさんが1時間以上TEL応対したことがありました。

今日はそのTさんの注文品が入荷しました。

うっかり何も知らないスタッフが入荷TELしないように、伝票と商品は「特別扱い」です。

注文を直接受けたYさんが責任持ってTELします。

「もう、たまんないよね〜!」
「気に入らないなら、他の店行けばいいのに」
「ホント、ホント」

昼休みの時間にTさんの話に花が咲きます(^_^;)

「こんだけ噂してるんだから、来てくれるとめんどうじゃないんだけど」

TEL係りのYさんのつぶやき。

I「だけど2,3日前に来てたから、当分来ないんじゃない?」
Y「うーん、残念」

だけど噂はしてみるものです。
なんと、その1時間後・・・例のTさんがご来店。

Yさんが直接入荷のことをお伝えしたので、万事解決です。
やれやれ(^_^;)
公開日記トップへ