ログイン
10月のカレンダー
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最近の日記
全体の新着
各月の日記
ユーザーRSS
Powered by
YouMaySayImaDreamerButImnotTheOnlyOneさんの公開日記
06月12日
17:50

???
台湾■唇を針と糸で縫われた男性

26日、金銭を巡るトラブルから、チャンさんという男性が唇を針と糸で縫われてしまったそうです。

加害者のワンは、チャンさんが2人の金銭上の揉め事を他人に漏らしていたのに腹を立てたそう。

チャンさんの口を塞ごうとして、本当に針と糸で塞いでしまったのだそうです。

2人の年齢は20歳、ワンの友人2人がチャンさんを押えつけている間に口を縫い合わせたそう。

この時、チャンさんは叫び声を上げ、それを聞いた隣人らが警察に通報。

ワンは現場に駆け付けた警察官に逮捕、チャンさんは病院で治療を受けま

警察6/2…
イギリス◆命を助け、縁結びまでしてくれた幽霊

25歳の女性ルイーズ・ライトさんは、幽霊に2回命を助けられ、さらに恋人を見つけてもらったことがあるそうです。

児童養護施設を改造したアパートに引っ越してきて以来、女の子の幽霊を見るようになったライトさん。

最初に命を助けられたのは、オーブンをつけっぱなしにして寝た時に、幽霊が起こしてくれたそうです。

2度目は、ろうそくから火が広がってしまったとき、家の中を強い風が吹いて火を消してくれたそう。

その時、家の窓は開いていなかったそうです。

その後、その幽霊『モーティシア』と話している時、「パーティで『ポール』という名の男性と出会う。」と告げられたそう。

実際にライトさんはポールという男性と出会い、今では恋人だそうです。

「気味の悪い話だけど、別に恐いとは思っていませんよ。」と話しています。

…なんでも心の持ちようが大事なのです。



イギリス◆水着の跡を残さない水着

画像 http://p2.ms/gp10x

英キニキ社が、水着跡を残さない「タン・スルー」タイプの水着を発表しました。

これはメッシュ状の布地に開いた微小な穴が、日光の80%を透過するというもの。

布地に印刷されたアニマル柄や抽象的な柄によって、外からは素肌が見えないようになっているそうです。

他の水着が約3400円のところ、タン・スルーは約6800円と2倍の値段。

ですが大変な売れ行きで生産が追いつかないくらいだとか。

焼き過ぎによる皮膚がんの増加が懸念されていますが、キニキ社では水着の下にも日焼け止めを塗るよう勧めているそうです。

…見た感じ透けてなさそう。もちろん男性用もあります。


6/2…
中国■綱引きで手が千切れた男性

綱引きをしていた男性が腕に巻きつけていた縄で、手を切断されてしまったそうです。

仕事仲間と綱引きの試合に参加していた男性は最後尾を務め、右手に綱を2回巻いていたそう。

白熱する試合中、突然、男性の「手が落ちた!」という叫び声が上がりました。

男性はすぐ落ちた自分の手を拾ったのですが、出血も少なく最初は誰も事故に気がつかなかったそう。

そして男性が拾った手を振って見せると皆気がつき、ようやく試合が中断したそうです。

病院で診察を受けると、縄でねじ切られた手は腱・筋肉・血管などの損傷が激しい状態。

5時間の接合手術を受けましたが結果はどうなるか分からないそうです。

…手首と肘の間が切断された模様。綱引きで亡くなった人もいたような。



パキスタン■10cmの女性宇宙人?

画像 http://p2.ms/5c44t

5月26日、大きさ約10cm程度の女性と思われるエイリアンが発見されたそうです。

ある一家が古い家の屋根を修理していたところ、この小さい未確認生物が家の回りを歩いていたそう。

子供たちが何かの有害な生物だと思い込み、石を投げつけて殺してしまったそうです。

この生物が倒れて動かないことを確認した後、熱したレンガの上で焼き、ガラスの瓶に入れて保管したそうです。

この噂は瞬く間に広まり、大勢の人がこの宇宙人らしき生物を見物しに押しかけたそう。

人々は、「これは神の使いであるから丁重に扱わないと駄目だ。」として、直ぐに埋葬したそうです。

その後、検死して正体を確かめるべきだという意見もあがり、専門家に調査を依頼しているとのことです。

…宇宙人が復讐しに来てしまうかも。


5/30…
ロシア■自家製電気椅子で5人を殺害

ウラル地方で、自家製の電気椅子で少なくとも5人を殺害したと思われる男が逮捕されたそうです。

男は30歳、ネットにPCパーツを求める広告を出し、連絡してきた男性1人を殺害したそう。

自宅ガレージに誘い込んだ被害者の体に電線を巻きつけ車のシートに押し込み、通電させて感電死させたそうです。

遺体は郊外に運び、古タイヤといっしょに燃やしたそう。

事件当時、男の友人が殺害を目撃していたにも関わらず、警察は被害者の遺体が発見されてから捜査を始めたそうです。

男はPCとリンクさせた小規模の発電所のようなものをガレージに設置していたそう。

警察では2008年から2009年までの間に、同じような状況で行方不明になった5人についても男と関連があるものと疑っています。

男は遺体が見つかったなら自供すると述べているそう。

また男は、通りがかった車の運転手を遠隔操作で殺害する装置や、電磁波で記憶を失わせる装置を考案、製造する計画があったとのこと。

…死神博士。才能の間違った使い方です。



ロシア■モスクワ上空に出現した謎の飛行物体

画像 http://p2.ms/1hirn

数日前、モスクワ上空に謎の物体が出現したそうです。

目撃者によると、夜中2時頃に友人と歩いていたところ出現したそう。

雲とは違い、飛行機くらいの速度の物体が飛んでいたそうです。

そのために、写真のピントを合わせるのに苦労したとのこと。

…火の鳥説に一票。

5/30…
アメリカ◆机と椅子で「09」の字

イタズラ目的で教室から数百個の机と椅子を運び出した高校の生徒十数人が、不法侵入などの現行犯で逮捕されたそうです。

26日未明、生徒たちは学校のマスターキーのコピーを手に入れキャンパスに忍び込んだそう。

そして運び出した机と椅子を学校入り口に「09」という形になるように積み重ねたそうです。

この最中に防犯装置が作動し、警備会社が警察に通報したそう。

警察は18歳以上の生徒は不法侵入、18歳未満の生徒は夜間外出禁止違反で召喚状を渡し釈放したそうです。

…1988年に日本でも中学校の校庭に机と椅子を「9.」の形に並べた事件がありました。

イタズラが目的だったのですが、宇宙人説(ミステリー・サークル、UFOの着陸目標)、野球関係説、憲法第9条説などいろんな憶測があったようです。

その中に当時の人気アイドル「少年隊の3人」と「光GENJIの7人」のうち1名を殺害した数説もありました。

テレビや週刊誌がかなり煽っていたようですね。


 
ノルウェー◆2匹のクマの赤ちゃん「ソルト&ペッパー」

画像 http://p2.ms/2zfph

世界最北の動物園「Polar Zoo」で、2匹のヒグマの赤ちゃんが生まれたそう。

色がなんと白と黒で、飼育員も驚いたそう。

白いほうはアルビノの女の子で名前は「ソルト」、黒いほうは「ペッパー」だそうです。

かわいいけど爪は鋭いですね。


5/29…
タイ◆ココナツの採取方法を教える「サルの学校」

画像 http://p2.ms/ruqw1

サルの学校「Monkey Training College」では、サルたちが日々ココナツの実を採取する訓練に励んでいそう。

サルたちは地元のココナツ農家から預けられたブタオザル。

学校の創設者は、サルを叩いて訓練する従来の手法に心を痛めていたそう。

そこで地元の僧侶のアドバイスを参考に、愛情と思いやりを持って教育する方法を確立、1997年に学校を創設したそうです。

3〜6ヵ月にわたる訓練を終えたサルが、一日に収穫するココナツの数は約1000個、人間の約10倍だそうです。

働き者のサルたちは、ココナツの実を器用にねじって採取、袋に入れて運ぶところまでするそう。

サルを縛っているロープが木に絡んだら、自ら解いたりも出来るそうです。


タイでは3月に、ココナツの実を取らせようとサルを木に登らせた飼い主の男性が、サルにココナツを投げられて死亡する事故がありました。

男性はサルに無理強いしていて、木に登りたくなさそうな素振りを見せると叩いていたそうです。

…動物を使う狩猟や採取方法は珍しくありませんが、信頼関係がないと難しいのですね。

ココナツの「ココ」は、「サル」という意味があるそう。

15〜16世紀頃、ポルトガルやスペインの商人が初めてインドでココナツを見て、殻が笑った猿の顔のように見えたことが由来だとか。



ペルー◆空中浮遊

画像 http://p2.ms/jz28i

「インカのプリンセス」として知られるペルーの女性奇術師が、広場で空中浮揚を披露。

種も仕掛けもないそうです。



■別冊
世界の奇妙なニュース
http://merumo.ne.jp/00397434.html

登録00397434s@merumo.ne.jp


5/29…
メキシコ■猿なのか宇宙人なのか?

画像 http://p2.ms/p07nl

2007年5月、トルカの郊外で、農場に仕掛けられていたネズミ捕りに奇妙な生物が掛かっていたそうです。

この生物は体長約30cm、皮を剥がれた人間か猿のような皮膚、長い尻尾のある姿。

発見時は罠から抜け出そうと必死にもがいていたそうです。

発見者の男性はあまりの気味悪さに、この生物を罠ごと水に沈めましたが、水中でも約3日ものあいだ生存していたそう。

そのことから男性はこの生物は両性類の一種ではないかと考えたそうです。

この男性は、しばらくの後、炎上した車の中から死体で発見されたそう。

これがこの生物と関係があるのか、それとも事故か殺人か、未だに解明されていないとのこと。

問題の生物の死骸は、男性の妻が保管した後、解明のために地元大学や研究施設でDNA鑑定等が行われたそう。

その結果、現存する地球上のどの生物とも合致しないことが確認されたそうです。

ただし、この生物の写真と鑑定の結果が2009年の国際UFO会議で発表された際は、イタズラではとの声が多かったそう。

現在、スペインで最新の装置を使ったDNA鑑定が行われているそうです。

…あんまり鑑定などはしなくてもいいんじゃないかなという気がします。



■Unusual Princesses

画像 http://p2.ms/ruyia


5/26…
イギリス◆怒声と泣き声だけの奇妙な緊急電話、通報したのは?

警察に18日午後4時半ごろ、“凶悪事件”を連想させるような通報が入ったそう。

「おとなしく出てこい!」という叫び声と、誰かの“泣き声”が聞こえる奇妙な通報だったそうです。

通話がそのまま切れてしまったため、オペレーターは事件の可能性を疑いました。

そこで電話をかけ直すと、通報者は生後14ヵ月のゴールデンレトリバー『ベイリー』と判明したそうです。

なんでも飼い主の夫妻がテレビを見ている隙に、コードレス電話機を口にくわえ庭に持ち出したんだそう。

その時どういうわけか緊急番号「999」に電話がつながってしまったようです。

オペレーターが聞いたのは、隠れてしまったベイリーをおびき出そうとする夫婦の大声とベイリーの“鳴き声”だったのでした。

ベイリーは電話機を遊び道具と思っているようで、これまでにも口にくわえ壊したことがあるそうです。



イギリス◆腹部を上にして飛ぶガンの“曲芸飛行” 

画像 http://p2.ms/g3s2r

ハイイロガンが体をひっくり返し、腹部を上にして飛ぶ様子が撮影されたそうです。

このハイイロガンの“曲芸飛行”は、イングランド東部のノーフォーク州で撮影されたそう。

撮影されたハイイロガンは、羽を広げた状態で体をひっくり返し、足は上を向いています。

ですが、首をひねっているため頭部は逆さではなく、正常な視界を保てているそう。

撮影時は強風が吹いていたとのことで、もともと普通に飛んでいたハイイロガンが強風を受け、速度を落とすために体をひっくり返したとみられています。

…最初写真だけ見たのでコラかと思いました。
公開日記トップへ